カテゴリー別アーカイブ: 未分類

腕時計の電池交換は質屋さんで

腕時計が好きな私は四本ほど所有しています。「持ちすぎじゃない?」と言われることもあるけれど、アクセサリーよりも腕時計が好きなのです。アクセサリーも好きは好きですが、腕時計をしている方が知的な感じがするのです。

そんな腕時計好きの私ですが、唯一嫌いな点があります。それは電池交換です。お店によりますが大体二千円前後くらいするのです。そして、電池の寿命は二年くらいです。

私は腕時計を四本も所有しているので、意外とこれが痛い出費となります。お金がない時などはしばらく電池が切れたままにしておくこともしばしばあります。でも、やはり電池切れにしておくのは折角の腕時計がもったいないのです。どこかで安く電池交換できる所はないかとずっと探していました。

そうしたら、先日あるお店を探している途中で偶然に見つけたのです。小さなお店で旗に書かれた「電池交換五百円」の文字を。思わず二度見をしてしまいました。なんと、電池交換を五百円でしてくれるお店を発見したのです。そこは質屋さんでした。入ってみた所、優しそうな店主が渡した腕時計を見て、さっと一分くらいで電池交換をしてくれました。

あまりの素早さと、お値段に感動した私はそれからずっと、その質屋さんで電池交換をしてもらっています。質屋さんで電池交換というのもなかなか珍しいのかなと思いますが、素早さとお値段はピカイチなのです。

誰からも愛されるキャプテンアンドサンの時計をご紹介

皆さんは、時間を確認する時どうしていますか?

きっとスマホを見る方が多いと思います。

でも、スマホだと鞄やポケットの中からわざわざ出して確認しなければいけないので忙しい時は大変だったりしますよね。

自分の時計を持っているなら、その時の時間が直ぐに分かるので大変便利です。

ですが、腕時計を買いたいけど、なかなか良いものが見つからない、どれを買ったらいいのか分からない..という方もきっと多いと思います。

そんな方は「キャプテンアンドサン」がお勧めです。

キャプテンアンドサンは、シンプルなデザインが特徴で性別問わず男女共に人気の腕時計なんですよ。

キャプテンアンドサンは、今の夏の時期にピッタリのイカリマークのデザインが特徴なんです。

このイカリマークが女性だけではなく男性からも可愛いと評判を得ています。

シンプルでもちょっとしたアクセントを入れることで可愛くなりますし、お出掛け先でも使いやすいという方が多いんです。

もう一つの特徴はベルトです。

ベルトは、色んなタイプの柄やデザインがあるのでお好きな物を選ぶことができます。

例えば、カップルの方は色違いの物をチョイスして一緒に使えば愛が深まりますし、友人と柄違いのお揃いの物を使えば更に友情が深まる事間違いなしです。

両親に時計をプレゼントしたいという方にもピッタリかもしれませんね。

是非、時計を買いたいという方は一度検討してみるのはいかがでしょうか。
腕時計通販 – 腕時計通販専門店 クラリス

母からもらった、はじめてもらった、大切な腕時計

今から10年ほど前のことです。

当時小学生だった私は風邪をひいてしまい、毎年家族で参加し楽しみにしていた会社のクリスマス会に行くことができず、とても残念な思いをしていました。

ひとり寂しく待っていたところに、クリスマス会が終わり家族が帰ってくると、母から「お土産がある」と荷物をもらいました。ひとり参加できずにいた私を気遣ってお菓子でも買ってきてくれたのかなーというくらいにしか思っていなかったのですが、開けてみると、なんと高そうな腕時計が入っていたのです!どうしたのか聞いてみると、クリスマス会の中のビンゴで当たったとのことでした。白の電波時計で、見るからに高そうな腕時計。(後で調べてみると数万円するものでした)こんなものを子どもの自分がもらっていいのか、と聞くと、いいんだよと言って渡してくれました。実は、これが私にとってのはじめての腕時計だったのです。はじめて使った腕時計がこんなにちゃんとしたものだなんて、自分でもちょっと驚きです。

その腕時計はとても大切に使いました。そして大学生になった今でも愛用しています。10年以上使っていますが、まだ一度も壊れたことはありません。これからも可能な限りずっと使いたいなぁと思います。

母の形見のつもりで購入した腕時計がクリケット

母が亡くなった時に、その形見にふさわしいものが見つかりませんでした。

妹たちは着物やらアクセサリーなどを形見にといって持って帰りましたが、男の私にとって普段から身近におけるものはありません。やはりいつも身近に置いておくものが欲しかったので、少ない遺産の中から何かを購入しようと決めました。高くもないけれど安くもない、そんな製品を探しました。万年筆やネクタイピンが候補に挙がり、最終的に腕時計に決まりました。金額は10万円。腕時計はレビュートーメンのクリケットです。

こんな機会が無ければ、存在さえ知りえなかった時計です。金額も気に入りましたが、デザインに惚れました。クラッシックでそれでいてシンプルで空きの来ない腕時計なのです。なんでもトルーマンをはじめケネディなど歴代の大統領も愛用したようです。クリケットという名前の由来は、アラームからきています。腕時計にアラームというのもユニークですが、その音がコオロギの鳴き声のよう、という事らしいのです。その音色はアナログでとても素敵です。

この腕時計を私はひどく気に入りました。今ではアラームは鳴らなくなってしまいましたが、それでも毎日身に着けています。そういう意味では良い思い出、形見になってくれた時計かなと思っています。

初めて腕時計を選ぶ人におすすめなカラーとは?

腕時計はカジュアルでも、フォーマルでも共通して使えるファッションアイテムになっており、ただの時間確認のためのツールではなくなっています。

普段腕時計をしていないという人も多くいますが、いざ欲しくなってくるということもあるでしょうし、そういったときにはどういうデザインのものを買えばいいのでしょうか?

腕時計のデザインにおいて特に重要なのは、カラーになると思いますが、腕時計を初めて買うような人の場合、あまり派手な色というのは選ばない方が良いです。

腕時計というのは、そのときにするファッションにマッチするようなものを身に付けた方が良いと思うのですが、派手な色の腕時計はマッチするファッションがかなり限定される場合があるからです。

自分が普段しているカジュアルまたはフォーマルのファッションに合う腕時計ということでぴったり合うものを選べるならば、派手なものでも構わないかもしれませんが、初めて買う場合はそれが難しいでしょう。

したがって、そういった判断をしなくても問題ないような、地味な色の腕時計を買っておくと良いのです。

地味な色の腕時計はカジュアル、フォーマルいずれのどういったファッションにおいてもマッチする可能性が、派手な色のものと比べても高いですから、初心者が選んでも普段の自分のどんなファッションにも合いやすいです。

結果的に失敗が少ないという意味では、腕時計のカラーは黒やシルバーなどの地味な色を初心者は選ぶべきと言えるでしょう。

私の初めての腕時計は、親に買ってもらったあの腕時計

私が初めて腕時計を付け始めたのは中学生頃のことでした。親に買ってもらった腕時計が最初だったと思います。誕生日か何かで記念に買ってもらったような覚えがあります。購入してもらったのはティンカーベルの腕時計でした。その腕時計はキャラクター物でありながら、とてもシンプルな作りでした。文字盤の所にティンカーベルが描かれていて、秒針は確か彼女の魔法の杖だった気がします。

ホームセンターに売られていたものですが、私は初めて見た時から、それがすごくお気に入りで、いつか欲しいなぁと思ったいた腕時計でした。だから、買ってもらった時はとてもとても嬉しかったのです。さすがに学校には付けてはいけなかったのですが、出かける時は必ず付けていきました。

しかし、高校に上がると自然と付けなくなりました。そして、腕時計の電池が切れたと共に、引き出しにしまい、それからはどこに行ったか分からなくなってしまいました。そうです、あれからもう20年近くも経ってしまったのです。何度か引越しもしたので、もうないのかもしれません。でも、初めて腕時計を付けた時の、あのワクワク感、ちょっと大人になれたような誇らしさは、きっとずっと忘れないと思います。

自分オリジナルの腕時計

腕時計はスマホなどがあるのでしないという人が近年増えたような気がします。

私は趣味でハンドメイドをやっているのですが、腕時計も最近は作れるんですよ。

パーツクラブというビーズ専門のお店に立ち寄ったとき、アナログの腕時計の時計の部分のパーツだけ売っていたのです。作り方レシピもおいてあり、まわりはすきないろのビーズですきな形につくることができまるのす。

以前それを母とあったとき、プレゼントしたことがあります。とても喜んでくれました。自分でも腕時計を作って誰かにプレゼントすることなど、今までになかったしずっと疎遠のことだと思っていたのです。

しかしパーツや作り方レシピもあれば、自分独自のオリジナルができるので普通に腕時計を買うより安くすむように思います。それにもし買うとなると好きなデザインや色などがなくてあきらめることもあると思います。けれど自分で作ることが出来るのなら、そういう心配や妥協することもないので、作り方さえマスターすれば、多種多様でオリジナルティーあふれた時計をつくれるから、知ったときは嬉しかったです。パーツをおいてくれたパーツクラブさんには、今ではとても感謝してます。他の手芸関係のお店でも、これからおいてもらえたら嬉しいなと思ってます。

「いつかは欲しい…」と願い続けている腕時計

「いつかは欲しい…」、そんな風に願い続けている腕時計があります。それはカルティエのタンクです。どこで見たのかは忘れてしまいましたが、大人の女性が身につける腕時計として、私の中に強く印象付けられています。

華奢ではないけれど、スクエアな文字盤がどこかアンティークな装いで、シンプルなのにフェミニンで、ともかく素敵なのです。それこそ、余裕のある女性が身に付ける腕時計というイメージなのです。

私もすでにアラサーです。そろそろ、カルティエのタンクを手に入れたいと思っているのですが、やはりまだ勇気が出ません。そもそも、私がよく行くお店にはカルティエなんて置いていないのです。今やネットで何でも買える時代、カルティエのタンクだって検索すれば、すぐに出てきます。それこそ、ポチッとクリックすれば買えてしまうのです。

でも、やはりこういった高級な腕時計は店頭で購入してみたいと思うのです。それも出来たら、パリの本店で購入したいのです。「日本のカルティエですら、おいそれと行けないのに、パリの本店なんて…」という感じではありますが、私の憧れなのです…。

「アラサーで手に入れる!」なんて最初は思っていましたが、いざアラサーになると、「やっぱりカルティエはアラフォーかな…」と弱腰になってしまっています。でもでも、「いつかは絶対手に入れたい!」と心に決めています。

30歳を超えると腕時計は、大人のステータス

夫に、誕生日プレゼントや、クリスマスプレゼントで、5年に一度ぐらいの間隔で、腕時計をプレゼントしています。

夫は、営業マンで、病院周りをするため、見た目にすごく気を付けています。

30歳を過ぎたあたりから、安物の腕計が恥ずかしいと思うようになったそうで、最近では、10万円以上の腕時計しかしていません。

それなりに、高額ですが、とても大事に気に入って使ってくれています。

また、安いものに比べ、長持ちし、デザイン性も流行り廃りがない分、どんな服装にも、あわせられていいです。

長袖シャツからチラッと見える、腕時計が、おしゃれだそうです。

また、最近では、携帯電話の普及の影響で、腕時計をしない人が増えているそうです。

でも、余裕のあるうちに、いい時計を購入しておくと、もし急にお金が必要になった時に、最悪買取もしてもらえるので、一つぐらいいいものを持っていて損はないと思います。

常に腕時計をしている人は、腕時計を付け忘れるとすごく腕が寂しくなり、落ち着かなくなります。

いつかロレックスのような、超高級腕時計を夫にプレゼントしてあげられたらいいなと思っています。

また、自分自身にも、ご褒美で購入出来たらなと思います。

無縁生活約30年、ついに腕時計デビュー

学生時代もさることながら、腕時計やアクセサリーをしてはいけない職場に勤務していたため約30年間腕時計とは無縁の生活を送って参りました。結婚し、腕時計に対してこだわりを持つ夫の影響もあり、私が初めて腕時計を購入したときのお話です。

携帯電話を常備しているためあまり用途は感じないし、正直お金をかけるつもりはなかったので、専門店ではなくホームセンターやショッピングモールで3千円程度のものを購入するつもりでした。ですが「見る人は見ている、腕時計とはセンスだけでなく経済状況をも露呈するもの。ちょっとくらい見栄を張った方が良い」という夫のアドバイスに、気が引けながらもブランドの時計を見ることにしました。

意外に驚いたのがグッチなどの誰もが知ってるブランド物の時計が安かったことです。もちろん高額なものもありますが、名前だけで数十万・数百万というイメージを持っていたので10万円でも安く感じてしまうのは神秘でした。サイフやキーケースで利用しているので気軽にブルガリも見てみましたが、なんと200万オーバー。初心者には理解できないこだわりなどがあるのでしょう、値段設定に困惑します。

結局グッチの10万円程度の物を購入しました。購入すれば愛着が沸き、どこへ行くにも着用するようになりました。時間を見るのにわざわざ携帯電話を取り出す手間がなくなり、スマートになれた清々しささえ感じます。数日前の私同様、時間を知るために携帯電話を取り出している人を見ると野暮ったい印象さえ受けます。友人たちにもファッションとして誉められたので、夫のアドバイス通りちゃんとしたものを購入して良かったと思っております。実用的でいてファッションの一部としても評価される腕時計、どちらかというと否定的であった私ですが、今後所持する数が増える予感がします。