月別アーカイブ: 2017年4月

「いつかは欲しい…」と願い続けている腕時計

「いつかは欲しい…」、そんな風に願い続けている腕時計があります。それはカルティエのタンクです。どこで見たのかは忘れてしまいましたが、大人の女性が身につける腕時計として、私の中に強く印象付けられています。

華奢ではないけれど、スクエアな文字盤がどこかアンティークな装いで、シンプルなのにフェミニンで、ともかく素敵なのです。それこそ、余裕のある女性が身に付ける腕時計というイメージなのです。

私もすでにアラサーです。そろそろ、カルティエのタンクを手に入れたいと思っているのですが、やはりまだ勇気が出ません。そもそも、私がよく行くお店にはカルティエなんて置いていないのです。今やネットで何でも買える時代、カルティエのタンクだって検索すれば、すぐに出てきます。それこそ、ポチッとクリックすれば買えてしまうのです。

でも、やはりこういった高級な腕時計は店頭で購入してみたいと思うのです。それも出来たら、パリの本店で購入したいのです。「日本のカルティエですら、おいそれと行けないのに、パリの本店なんて…」という感じではありますが、私の憧れなのです…。

「アラサーで手に入れる!」なんて最初は思っていましたが、いざアラサーになると、「やっぱりカルティエはアラフォーかな…」と弱腰になってしまっています。でもでも、「いつかは絶対手に入れたい!」と心に決めています。

30歳を超えると腕時計は、大人のステータス

夫に、誕生日プレゼントや、クリスマスプレゼントで、5年に一度ぐらいの間隔で、腕時計をプレゼントしています。

夫は、営業マンで、病院周りをするため、見た目にすごく気を付けています。

30歳を過ぎたあたりから、安物の腕計が恥ずかしいと思うようになったそうで、最近では、10万円以上の腕時計しかしていません。

それなりに、高額ですが、とても大事に気に入って使ってくれています。

また、安いものに比べ、長持ちし、デザイン性も流行り廃りがない分、どんな服装にも、あわせられていいです。

長袖シャツからチラッと見える、腕時計が、おしゃれだそうです。

また、最近では、携帯電話の普及の影響で、腕時計をしない人が増えているそうです。

でも、余裕のあるうちに、いい時計を購入しておくと、もし急にお金が必要になった時に、最悪買取もしてもらえるので、一つぐらいいいものを持っていて損はないと思います。

常に腕時計をしている人は、腕時計を付け忘れるとすごく腕が寂しくなり、落ち着かなくなります。

いつかロレックスのような、超高級腕時計を夫にプレゼントしてあげられたらいいなと思っています。

また、自分自身にも、ご褒美で購入出来たらなと思います。

無縁生活約30年、ついに腕時計デビュー

学生時代もさることながら、腕時計やアクセサリーをしてはいけない職場に勤務していたため約30年間腕時計とは無縁の生活を送って参りました。結婚し、腕時計に対してこだわりを持つ夫の影響もあり、私が初めて腕時計を購入したときのお話です。

携帯電話を常備しているためあまり用途は感じないし、正直お金をかけるつもりはなかったので、専門店ではなくホームセンターやショッピングモールで3千円程度のものを購入するつもりでした。ですが「見る人は見ている、腕時計とはセンスだけでなく経済状況をも露呈するもの。ちょっとくらい見栄を張った方が良い」という夫のアドバイスに、気が引けながらもブランドの時計を見ることにしました。

意外に驚いたのがグッチなどの誰もが知ってるブランド物の時計が安かったことです。もちろん高額なものもありますが、名前だけで数十万・数百万というイメージを持っていたので10万円でも安く感じてしまうのは神秘でした。サイフやキーケースで利用しているので気軽にブルガリも見てみましたが、なんと200万オーバー。初心者には理解できないこだわりなどがあるのでしょう、値段設定に困惑します。

結局グッチの10万円程度の物を購入しました。購入すれば愛着が沸き、どこへ行くにも着用するようになりました。時間を見るのにわざわざ携帯電話を取り出す手間がなくなり、スマートになれた清々しささえ感じます。数日前の私同様、時間を知るために携帯電話を取り出している人を見ると野暮ったい印象さえ受けます。友人たちにもファッションとして誉められたので、夫のアドバイス通りちゃんとしたものを購入して良かったと思っております。実用的でいてファッションの一部としても評価される腕時計、どちらかというと否定的であった私ですが、今後所持する数が増える予感がします。

皮革のバンドの腕時計とその他とバンドの腕時計

腕時計は、最近しませんが、学生時代によくしていました。しかし、私は汗かきなので皮革のバンド腕時計を買って、使う時にむれてしまい、困ったことがありました。

水に濡れると皮革の腕時計は、とても大変で、学生の時の掃除の時はずし忘れた場合、苦労したものです。でも、皮革の時計はつけ心地が良くって、また、買ってしまったりしました。私の場合、腕時計は、あまりごっつい物が好きではなく、腕にマッチしたものが好きです。クロノグラフが入りのものなどの腕時計は、苦手です。時間と日付が分かる程度のものを好みます。前文にも触れましたが、現在は腕時計をしていません。携帯電話を腕時計代わりに持ち歩いています。ポケットの中に入れられるので、気に入っています。腕時計のバンドの種類にこだわりがある方がいると思いますが、手首に装着して、気に入ったものが一番いいと感じます。プラスチック製のバンドの腕時計の場合、私が使った時には、友人から貰ったものでもありましたが、バンドの部分が切れてしまって、交換をする為にお店に行きましたが、代わりのバンドが売っていないといたことがありました。少し方が古いものだったかもしれないのですが、残念に思ってエピソードです。自分の誕生日に買って貰った腕時計は、いまだに持っています。