アンティーク腕時計は修正が大変!金額的にも!

アンティークの腕時計を愛用しているのですが、修理が大変なんですよね。これで東京のような大都会に住んでいれば、アンティーク腕時計の修理をしてくれる先を見つけるのも苦労することではないのかも知れませんが、しかし大都会から離れたところに住んでいますと大変です。

とは言っても、運送が発達している現代ですから送ることもできますよ。けれども、アンティーク腕時計ですからね。できれば不具合箇所をその場で説明したいというものでしょう。直接、指を差しながら説明しないと伝わらない場合もありますからね。それにやはり、送料も痛かったりしますから。精密機器ですから封筒で送るわけにはいきませんからね。

アンティーク腕時計の修理の際には、なにも送料だけが痛手ではありませんから。やはり修理金額は大きいですから。子供の腕時計なら何本も買えるぐらいの修理代になったりもしますからね。そしてアンティーク腕時計の場合は、他では直せないことも多々ありますから。ですからまあ、アンティーク腕時計を直すのは高くつくのです…。

などと言いますと、アンティーク製品が良くないものに思う人もいるかも知れませんけれど、決してそうではありませんよ。確かに修理代は高くつきますけれど、しかし「保ち」がいいですから。1回修理をすればその後何十年と修理不要だったりしますからね。そしてまた、価値が下がるものではないところも良いところでしょう。

またアンティークだからこそ味わいが出て、それに愛着だってありますからね。だからこそ修理に出すのですから。けれどもまあ修理代は安くはないので。