女性の就職活動に!好印象の腕時計とは

就職活動に必要なもの、と言われて何を思い浮かべますか?スーツ?履歴書?もちろんそれらも必要ですが、今回注目したいのは「腕時計」なんです。プライベートでつけている方はめっきり減った腕時計。しかし、面接中や試験中にスマートフォンなどで時間を確認するわけにはいきません。就活生らしい腕時計で、スマートにタイムキープしましょう。では、どんな腕時計が好印象なのでしょうか。就活における面接官は、選考が進むほど年配の男性が多くなります。それに比例して女性のブランドについての知識のある人は減っていきます。そのため、女性の就活ファッションは実は男性と比べて自由度が高いんです。腕時計についても同様です。大人の女性らしい落ち着いたデザインであれば、色や形はそこまで問われません!「小さな文字盤」「原色ではない」この2つのキーワードを揃えれば、おおよそ外れることはありません。
ここで注意したいのが前者のキーワード「小さな文字盤」。従来のレディースの腕時計は、文字盤が小さくベルトも細めのものがほとんどでした。
しかし、「ダニエルウェリントン」を筆頭にした最近の流行では、レディースのものも大きな文字盤をしています。確かに可愛くておしゃれなのですが、特に年配の方からの受けが悪く就活には向きません!プライベートで楽しみましょう!いかがでしょうか?スーツの袖から覗くワンポイントが好印象のきっかけになるかもしれませんよ!

単なる「’時計」以上の価値を持つガガミラノ

ガガミラノは、2004年にイタリア・ミラノで誕生した比較的新しい腕時計のブランドであり、「ガガ」は現地の言葉で「ダンディ」を意味します。

若いブランドだけに勢いがあり、高いデザイン性とファッション性から爆発的な人気を誇り、若者のみならずオトナからの支持も集めており、

サッカー日本代表の本田圭佑選手や、ボクシングの亀田興毅選手、タレントでは志村けんさんや益若つばささんらが愛用していることでも広く知られています。

ガガミラノ時計の特徴はなんといってもその独特でカラフルな色使いとポップなデザイン、大きく目につく数字でしょうか。

一度見たら忘れられないような派手さが印象に残るブランドではありますが、シルバーやブラックを基調とした落ち着いたデザインや、サッカーのピッチを時計全体で表現したデザイン、カジノのルーレットを想起させるようなデザインなど、遊び心のある独特の時計も豊富にラインナップされています。

価格帯も5万円前後から用意されており、安っぽさを感じることはなく、かといって高級すぎて手が出ない、外でガンガン使う気にはなれない…と思うような高額でもなく、単なる腕時計としての粋を出たファッションアイテムとしても高く評価されている逸品です。

仕事の成功者の多くは腕時計を軽視しない

腕時計が仕事人生を変えると言えば、信じない社会人は多いはずです。単に時間を知らせてくれるだけの道具がどのような影響を与えてくれるのかについて、認識していない人が多いからです。しかしながら、仕事で成功している人物たちの腕には文字盤が確認できます。

現在時刻を確認するためにスマホの画面を見る社会人は多いですが、当の本人たちは仕事に費やす時間を削っている事実に気づいていません。スマホを取り出すことが可能ならば、先輩や上司の監視の目が緩んでいる状況であると考えられます。時間を確認して再び仕事に戻れるのなら良いですが、一般的な社会人の心はそこまで自分を強く律することができません。娯楽の要素を多分に含んだニュースを閲覧したり、ときにはインストールしているゲームアプリを起動する可能性さえあります。これでは仕事が能率的に進みませんから、デキる社会人は腕時計を装着するのです。多機能なものといっても、せいぜい日付や海外の都市の時間が確認できる程度のことです。そこに娯楽要素は含まれていませんから、必要なことだけを済ませて仕事に戻ろうとする意欲が高まります。その結果として、仕事に費やす時間が増えて成功するのです。

グランドセイコーの質の良さとおしゃれ感

セイコーの作品の中でも一番高級で一生使うことができる腕時計がグランドセイコーです。値段は50万円くらいなのですが、一生ものですのでそのくらいの値段なんのそのです。そして質も国産外国産問わず優れています。

現在は外国人旅行者が買い物に訪れた際購入していくパターンが多いのですが、日本人でも本当に質が分かっている人は購入していきます。

海外産の腕時計よりも国内で修理ができますし、壊れた際の修理の手続きも簡単です。そして単純なことでは壊れない、時間のズレもあまりありません。

普通の時計の場合は、五年に一度くらいオーバーホールをしなければならないのですが、グランドセイコーはその辺りでOHしてもしなくても動きの日差にあまり変化はないのです。

だからといってOHを進めないというわけではありません。一生使うものですので、基本的のは五年に一度OHをするべきだと考えています。ただ、他の時計の会社と違って、OHをしなくても動きにさして支障がないということです。

一度グランドセイコーを作っているところを工場で見させていただいたのですが、丁寧に時間をかけて「工場」と銘打っているものの工場ではなく「職人の集まり」のような空間で圧巻されるものがありました。

腕時計とビジネスマナー。仕事のモチベーションとの関係性。

私の趣味はランニングだ。

走り始めてかれこれ約5年ほど。確か東日本大震災の年に走り始めたのだ。

かなり走れるようになって、フルマラソンや、もっと長い距離のレースを完走することも出来るようになった。

ランニングをする時にどの位の速さで自分が走っているのかを計測するためにGPSウォッチをつけて走ることも多い。性格的に面倒くさがりなのでその腕時計を日常的にもつけて生活している。

いわゆる外見はスポーツウォッチタイプのものだ。時々、ビジネスマナー的にはどうなんだろう?と考えることもある。本当にオフィシャルな場面では外して何もつけない。ただ、最近はスマートフォンとの連携型の腕時計が出てきたり仕事の場でもカジュアルなものをつけている人によく出くわすようになった。

あまり当人が気にするほどビジネスマナーと時計は結びつきはないのだろう。

しかし、あまりカラフルなものだったり奇抜なデザインはまずいという職種は以前多いだろうしそこは常識の範囲内と言うところだ。

私が付けているGPSウォッチタイプの良いところは出張先などでも自分のランニングが管理できて、帰ってからパソコンに繋ぐと走った場所を地図上で記録しておけるのでちょっとしたランニング履歴マップが出来上がるのだ。これが増えていくのは嬉しい。間接的に私のビジネスのモチベーションをこの時計が維持してくれているのだ。私にとって非常に愛しい一品だ。